メルカリ創業者が語る大量消費「あぁ…速めてるのか?」

 高級ブランド服や自動車、使用済み化粧品からトイレットペーパーの芯まで――。あらゆる不要品がスマートフォン上で売買されるフリマアプリ「メルカリ」。5年前に創業した際、「限られた資源を分かち合う」を目標として掲げた。メルカリは現在の大量生産、消費、廃棄社会を変えうるのか。創業者に聞いた。 ――どんなものが売買されているのでしょう。 「この5年間、買われたブランドと売れたブランドのいずれも、ユニクロとナイキが1、2位を占めます。一方でシャネルが双方で4位。ネットオークションに比べてファストファッションの出品が多いと思います。ここまで安いものが大量にやり取りされるイメージは、当初はなかったのですが」 ――なぜこんなに急成長を。 「メルカリを見て『こんな使い…