南極観測隊で初の女性夏隊長「女性増やす道筋つけたい」

 今月出発する南極観測隊の副隊長兼夏隊長に、60回目の派遣で初めて女性が就任した。27年ぶりに南極に向かう海洋研究開発機構の原田尚美さん(51)=横浜市=だ。厳しい自然相手に計画通りにいかないことは何度も経験し、「うまくいかないところはカバーし合い、みなが成果を持ち帰れるようにしたい」と意気込む。 原田さんは北海道で生まれ育ち、弘前大(青森県)では大気中の放射能の研究をした。指導教官から南極で研究した話を聞き、「いつか行きたい」と思い始めた。名古屋大大学院へ進むと、研究船にも乗り、海底の堆積(たいせき)物から過去の海洋環境を探った。そんなとき、研究室に観測隊員派遣の依頼があり、手を挙げた。2人目の女性隊員として33次夏隊(1991~92年)で初めて南極を訪れた。任務は生物由来の海中の微粒子採取。海に仕掛けを沈め、2カ月後、帰りに回収するはずが、見つからなかった。 就職先の同機構では、過去の環境変遷などの研究を続け、観測船の首席も担った。現在は地球環境観測研究開発センター長代理を務める。数カ月にわたる航海も珍しくない。研究対象の北極海へ赴く度に温暖化の著しさに驚かされ、南極への関心がふくらんできた。そこに、「初めての女性の隊長を」と考えていた観測隊派遣元の国立極地研究所に経験を買われて声がかかり、二つ返事で引き受けた。 60次隊は夏隊69人(同行者…