泊原発、「活断層なし」示せぬ根拠 再稼働への審査長期化、焦る北海道電力

 北海道電力が再稼働をめざす泊原発1~3号機(泊村)をめぐり、原子力規制委員会の審査が長期化している。申請から5年を過ぎても、重要施設の下を通る断層が活断層ではないと証明できないからだ。活断層を否定できなければ、廃炉を迫られる。北海道電は、調査法を変えて証明に躍起だが、専門家からは疑問の声も上がる…