微少プラごみ、人の便からも検出 日本など世界8人調査

 環境汚染として問題になっている微小なプラスチック片「マイクロプラスチック」が人間の便から検出された。オーストリア環境庁とウィーン医科大の研究で判明した。人の体内にマイクロプラスチックが取り込まれていることが見つかったのは初めてという。健康への影響については不明で、解明にはさらなる研究が必要だ。 23日、ウィーンで開催中の欧州消化器病学会(UEG)の会合で発表された。 マイクロプラスチックは、海に流れ出たプラスチックごみが紫外線や温度差、波の力で細かく砕けたものや、プラ製品の原料となる「レジンペレット」、歯磨き粉や洗顔料に「スクラブ」として含まれる小さな粒の「マイクロビーズ」などで、主に5ミリ以下の微小片を指す。 研究チームは日本、英国、イタリア、オランダ、オーストリア、ポーランド、フィンランド、ロシアの各1人、計8人から大便の提供を受けて検査した。その結果、8人全員の便から0・05~0・5ミリのマイクロプラスチックを検出した。PET(ポリエチレンテレフタレート)やポリプロピレンなど最大9種類で、平均すると便10グラムにつき20個のマイクロプラスチックが見つかったという。 提供者の直前1週間の食事の記…