運動苦手でも大丈夫 高校部活で広がる「eスポーツ」

 対戦型のコンピューターゲームで技を競う「eスポーツ」を部活動で取り組む学校が広がっています。12月には全国大会も開かれ、既に40校以上が参加を予定しています。 三重県立松阪商業高校(松阪市)の「コンピュータ部」の部員たちが集まったのは、いつもの「コンピュータ室」ではなく隣の機械室。24日から部内の「eスポーツ」チームの活動が始まった。 めざすのは、12月に開かれる「第1回全国高校eスポーツ選手権」。5人で戦う「リーグ・オブ・レジェンド」と3人で戦う「ロケットリーグ」というゲームで出場予定だ。eスポーツ部の発足を支援したコンピューター関連企業「サードウェーブ」から貸与されたパソコン5台を前に、部員たちはネットワーク環境や参加ゲームの操作法を確認した。 部は普段、週に5~6日、パソコンやプリントに向かって情報系の資格勉強に取り組む。だが今後は、eスポーツのチームメンバーが午後5~6時に残ってゲームの練習をするという。 2年生チームの主将、明石宙(そら)君は「まさか部活でゲームの練習をするなんて……。実感が湧かないですね」と笑顔で話す。中学時代は剣道部。久々の「団体競技」にやる気十分だ。1年生チームの主将、川端章広君は早くも考えを浮かべる。「(ゲームの)キャラや操作量が多い。単なる技量だけでなく、連携や戦略が重要になってきそう」 愛知県立城北つばさ高校(名古屋市北区)でも、夏休み明けにeスポーツ部が発足した。部員は2年生約10人。全国大会をめざしている。 主将の徳田信忠君は元々ゲームが好きで、中学時代から一般の大会に出場。運動や音楽は得意な方ではなく、これまで部活動に入ったことがなかった。eスポーツ部に入部後は「学校に来るのが楽しくなった」と一変。練習中も他の部員に助言をし、連携を深めようとしていた。顧問の鈴木佑哉教諭(31)は「自立心が芽生えた。他の先生からも『変わったね』と言われ、思わぬ効果に驚いています」と話す。 体が不自由でも参加できるのが、eスポーツの良さでもある。ラハト・ホサイン君は3歳で交通事故に遭ってから歩けなくなり、小学生のころから車いすで生活している。本当はスポーツをやりたかった。だが、「ゲーム好き」を生かせる部に出合えた。「授業後に学校に残って部活をするなんて信じられない。仲間と一緒に、一つの目標に向かって頑張れる場所があるのはうれしい」 全国大会のエントリーの締め切りは11月21日で、予選は12月下旬。サードウェーブは、eスポーツ部を発足させる高校にパソコンを貸し出しており、10月28日までに42校が応募しているという。 eスポーツは「エレクトロニック・スポーツ」の略。対戦型ゲームをスポーツとして捉え、大会では大型スクリーンで観客が観戦する。 アジア大会をはじめ、海外ではすでに人気や知名度が高まっている。米金融大手のゴールドマンサックスの調査では、現在約6・6億ドル(約740億円)のeスポーツの世界市場は、2022年までに約30億ドル(約3300億円)に伸びるとしている。今後、アジア大会では正式種目になるとも見込まれ、海外ではプロチームが続々と発足し、プロ契約を結ぶ選手も1千人以上いるとされている。 今年2月には、ゲームメーカーなどでつくる一般社団法人「日本eスポーツ連合」が発足。日本オリンピック委員会への加盟をめざしている。 名古屋ゆかりのあの人も立ち上がった。9月、「ミスターグランパス」で知られる岡山哲也氏が代表を務める「eスポーツジャパン」(本社・東京)が、サッカーゲームのeスポーツチーム「STAND UP UNITED」を発足。正式種目となる来年の茨城国体への参加をめざし、岡山氏や秋田豊氏らサッカーワールドカップ出場経験者も強化担当としてサポートする。内田宝寿・執行役員は「現実のサッカーのノウハウをゲーマーに伝授し、いずれは世界で戦えるチームにしたい」と話す。(竹井周平)