【レビュー】ロレックス 126600 シードゥエラー43mm 実はまだまだプレミアムモデル!(王冠マークについて追記あり)


【レビュー】ロレックス 126600 シードゥエラー43mm 実はまだまだプレミアムモデル!(王冠マークについて追記あり)

What’s going on after Rolex new SEA-DWELLER 126600?

126600は2017年の新作でした。

覚えてますか?

今年の新作がインパクトあり過ぎて、もう皆さん忘れかけてますね。

「赤シード」ですし50周年記念ですし43mmになったし去年は結構話題になっていたと思います。

国内定価は1,166,400円です。

【レビュー】ロレックス 126600 シードゥエラー43mm 実はまだまだプレミアムモデル!(王冠マークについて追記あり)

50周年という事で昔からのファンを大事にしつつ、最新のスペックを投入。

驚くべき点は「サイクロップレンズ」でしょう・・・、可能なんだ、深海でもサイクロップレンズは可能になったんだと。

サイクロップレンズが無いことがアイデンティティだったような気もするシードゥエラーにも搭載されデイトの視認性が上がります。

また新世代キャリバー3235を搭載したプロフェッショナルモデルで、初代モデルを継承するレッドレターでのモデル名表記となっています。

43mmと大きくなりましたがケースとブレスレットのバランスを改良し頭デッカチにはなっていません。

うまくフィットしましたね。

【レビュー】ロレックス 126600 シードゥエラー43mm 実はまだまだプレミアムモデル!(王冠マークについて追記あり)

デビューからの相場推移です。

2017年5月から1年8ヶ月が経ちました。

現在は165万円ほどの並行新品相場ですので、昨年2017年の9月が底値だったと言えます。

まだまだプレミアムプライスなんですよ。

【レビュー】ロレックス 126600 シードゥエラー43mm 実はまだまだプレミアムモデル!(王冠マークについて追記あり)

その割にはあまり騒がれていないのは、GMTマスター2の新旧モデルやグリーンサブの高騰などが大きな話題となっているからですね。

デイトナ含めてアイツ等ヤバ過ぎる。

【レビュー】ロレックス 126600 シードゥエラー43mm 実はまだまだプレミアムモデル!(王冠マークについて追記あり)

それと王冠マークが入る入らないなんて話もありましたが、海外のファンのコラージュだったようで、現在も王冠マーク入りは確認できておりません。

新キャリバー=王冠マークと言う流れにはならないのかも知れません。

赤い文字が格好良い!

追記

大誤報でした。

皆さん大変申し訳ございません。

やはりコラージュではなく、本当にあったんですね。

インスタグラムで教えていただき、ONOMAXで販売中とのこと

【レビュー】ロレックス 126600 シードゥエラー43mm 実はまだまだプレミアムモデル!(王冠マークについて追記あり)

しかも国内正規品。

すでに国内にも入ってきていました。

【レビュー】ロレックス 126600 シードゥエラー43mm 実はまだまだプレミアムモデル!(王冠マークについて追記あり)

確かに王冠!

コラージュではなく、存在していました。

今後はこのマーク2ダイアルが主流になりますね。

マーク1(王冠なし)の稀少価値が上がるかも知れません。

【レビュー】ロレックス 126600 シードゥエラー43mm 実はまだまだプレミアムモデル!(王冠マークについて追記あり)

厚み16mm 重さ約200グラムと流石に大型モデル。

ケースバックも盛り上がっているのでディープシーほどではありませんが腕に乗っかている感はあります。

【レビュー】ロレックス 126600 シードゥエラー43mm 実はまだまだプレミアムモデル!(王冠マークについて追記あり)

ですが、デザインバランスは良いので格好良さは抜群です!

意外とすんなりシードゥエラー4000から引き継げるかも知れません。

モダンなダイバーズウォッチという事で。

【レビュー】ロレックス 126600 シードゥエラー43mm 実はまだまだプレミアムモデル!(王冠マークについて追記あり)

いかがでしょうか?

もっとグググと値段が落ちてくるものだとばかり思っていた新型シードゥエラー 126600。

やはり出回りの数も少なく、店頭で買うことはかなりのラッキーでないと難しいようです。

格好良いもんね。

しばらくはモデルチャンジも無いでしょうから、じっくり正規店巡りをしてみても良いかも知れません。

ではまた!