《聖闘士星矢》は30周年紀念の腕時計に誕生します

《聖闘士星矢》は30周年紀念の腕時計に誕生します
万希泉と日本の万代は《聖闘士星矢》射手座陀はずみ車の腕時計を出して、アニメーションの誕生30周年を紀念して、巧みで完璧な技術の全世界が30匹制限するのはきわめて貴重です。

クラシックのアニメーション《聖闘士星矢》は中国が一世を風靡する、引き続きテレビ中の聖闘士星矢が”日の馬の流星のこぶし”で呼びかけのでことがあるのがほとんど全てに属してその時代”80の後で”の少年時代の記憶を経験したことがあるのです。今年は《聖闘士星矢》アニメーションの誕生30周年で、香港の腕時計のブランドの万希泉と日本の模型の大工場BANDAI万代は協力して、《聖闘士星矢》中国プレミアリーグの人気の黄金の12宮の“射手座”の造型を霊感にして、作品は射手座陀はずみ車の制限する腕時計を告発して、全世界は30匹だけ制限して、再度アニメオタクのきんちゃくをねらいます。

《聖闘士星矢》陀はずみ車の制限する腕時計は超人気の黄金の12宮の“射手座”の造型によって彫刻して、独特な立体感が現れて、巧みで完璧な技術のハイエンドが貴重な作品を収集するのです。表面と底でかぶせてサファイアのガラスを使って、腕時計のバンドの部分で赤色のワニのサメ皮を使って、その他に”黄金の射手座”透かし彫りのチップの表面が”アテネの娜と権力の戦争”浮き彫りがまだあって、黄金の射手座の字を彫る星皿と赤色のポインター、それ以外に50メートル水を防いで機能を待ちがまだあって、魂webオンライン店で受けて予約購入を始めるでしょう。黄金の射手座陀はずみ車の腕時計(万代特別な版)、売価の約176400元の新台幣を参考にして、2017年2月に出すと予想して、全世界は30匹制限します。

万希泉は香港の1つ目のために専門的におよび、を設計して陀はずみ車の腕時計のブランドを作ります。 東方の彫刻技術で協力する西方の時計の優秀な技術を掛けて、中国と西洋の文化をこね合わせて、香港の特色陀はずみ車の腕時計を備えるのを作りだします。 全シリーズは採用して自分で機械的なチップを研究開発して、製造過程は厳格に監視し抑制するを通じて(通って)、技術と品質は国際専門の人を得て認めます。

それ以外に、チップの刻字技術を独創して、字句をチップで描写することができて、恒久の保存、腕時計にただ1つになって、価値を紀念するのを更に備えさせます。以前万希泉は《スターウォーズの7》《報復者連盟の2》《トランスフォーマー》《機動戦士ガンダムの0079》などを製造したことがあってアニメ・漫画の映画をテーマのシリーズの腕時計にしのでことがあります。