スイスの時計は2月に中国に対して下落幅を輸出して拡大します

スイスの時計は2月に中国に対して下落幅を輸出して拡大します
天気は次第に暖かさを取り戻して、しかしスイスの腕時計の業界の厳冬にまだ継続しているようです。スイス時計連合会のデータによって、スイスの腕時計の2月の輸出額は16.5億スイスフランで、同時期と比べて3.3%下落して、第8ヶ月連続して出現は下落します。

今月下落幅は1月の7.9%がある程度減らしを比較して、2015年の年間の3.3%の下落幅と同じように維持します。2015年も2009年からスイスの腕時計の業界の輸出額が初めて下落が現れるです。(詳しくは《華麗な志》報道詳しくは:詳しくは“詳しくはスイスの時計の1月の輸出額をご覧下さいのは持続的に疲れて力がなくて、香港の輸出額に対して同時期と比べて”に33%暴落します)

スイスの腕時計の業界は全世界各地の輸出額に対して表現して次の通りです:最大の海外市場として、中国の香港の売上高は持続的に疲れて力がなくて、2月の輸出額の下落する重要な原因を招くのです。

2月に香港の輸出額に対して同時期と比べて25.3%下落して、第12ヶ月連続して出現は下がって、2月の下落幅の1月に比べて33.1%に達する下落幅は少し米国の輸出額5ヶ月連続して出現に対して下落してその後ある程度反発する狭窄があって、同時期と比べて2.4%増加して日本の輸出額が続く前の強い勢いに対して表現して、同時期と比べて22.4%増加して中国大陸の輸出額に対して同時期と比べて6.8%下がって、下落幅はある程度(1月の下落幅が1.9%のため)を拡大してヨーロッパのその他の国家の輸出額に対して同時期と比べて4%増加して、その中のイタリアの全体が表現するのが安定で、ドイツは同時期と比べて6.6%鋼の金めっきする腕時計の輸出額に増加して同時期と比べて6.7%下がって、鋼の腕時計の輸出額は同時期と比べて1.4%増加します。

しかし輸出量の方面の傾向が相反して、鋼の金めっきする腕時計の輸出量は同時期と比べて15.7%増加して、鋼の腕時計の輸出量は同時期と比べて11.5%下落します。腕時計の総輸出量は同時期と比べて5.7%下がって、その中の貴金属とその他の材質の腕時計の輸出量は引き続き下がります。価格は3000スイスフランの高級な腕時計の輸出額と輸出量を上回って皆ある程度反発して、その他の価格の区間の腕時計は皆下落が現れます。

先週のバーゼル世界の時計の真珠や宝石展の上で、スイス腕時計メーカーは表して、業界の全体の情況は2016年にできないである程度改善するでしょう。

シティバンクのアナリストThomasChauvet表示、一部のマイナス面の原因は引き続き市場に対して不利な影響をもたらすでしょう。“私達は香港市場の疲れて力がないのについて、中国の経済の増加速度は緩めて、人民元相場は下落してと上海の株の指数の揺れ動いている可能性の持ってくる後の結果たいへん心配して、米国市場の需要もある程度下がって、油の値段のは下落して中東とロシア地区の需要に打撃を与えました。でも日本の販売する強い勢いはヨーロッパ地区の全体の良好な振る舞いと一部はこれらのマイナス面の原因を相殺しました。”Thomasは言います。