がん治療の新手法「パネル検査」とは 来春にも保険適用

 がん治療の分野に、ゲノム医療の研究成果をこめた「パネル検査」という手法が導入され、来年春にも保険適用されようとしています。この新しい手法には効果的で副作用の少ない治療につながると期待が集まる一方、検査をきっかけに深刻な病気の可能性を知り、悩んでしまうことになりかねないといった課題も指摘されています。パネル検査に関してまずは知っておきたいことをQ&A形式でまとめました。     ◇ Q ゲノム医療とは。 A 個々の患者にとって最もふさわしい医療を提供しようという試みだ。私たちの体の細胞一つひとつの中にDNAという化学物質が収められていて、体をつくったり、うまく働かせたりするための情報を担っている。これらは遺伝情報とも呼ばれていて、それぞれが持つ全ての遺伝情報のことをゲノムという。ゲノムの中身は個人ごとに少しずつ違いがあるので、その違いに着目して、個人ごとに最適な治療法などを探る。ゲノム医療はがん以外にも、患者数がごく少ない病気の診断や生活習慣病の研究など、いろいろな分野で活用されている。 Q がんゲノム医療はどのように役立つのか。 A よく知られている例が、肺…