バーゼル人に先駆けて:海瑞とウィンストンの腕時計

バーゼル人に先駆けて:海瑞とウィンストンの腕時計
海瑞とウィンストンHarry Winstonはさっぱりしていて上品で人を魅惑する5番街Avenue ClassicシリーズCherry Blossom腕時計が現れて、桜のきらきらと美しい瞬時の米を時計の文字盤の上で凝固します。この腕時計の新作はダイヤモンドとピンクの鋼玉で入り乱れていて色鮮やかで美しい花の景を再現して、大自然のすばらしい贈り物を称賛して、そしてその化を行うのが永久不変で、周囲の形で格簡潔な表す殻の中を決めて、海瑞とウィンストンのニューヨーク5番街のフラッグシップショップの建物の線と呼応します。

米もし彩雲の日本の桜の花季から霊感をくみ取ります

伝奇的な色彩のブランドの創始者を満たします――ニューヨークの宝石商の海瑞・ウィンストン先生(Mr. Harry Winston)は大自然の観察に対して入念に非常に細かくて、常に行く雲・流れる水、渾然としている日のなる自然な風格と趣をその高級の真珠や宝石の作品の中に溶け込みます。海瑞とウィンストンデザイナー達はブランドの創始者のこのを踏襲して理念を創作して、再度たおやかな自然との風物の中から霊感をくみ取って、1年の1季の燦然としていて盛んな置く桜でテーマに樹立されて、器用な心設計の5番街Avenue ClassicシリーズCherry Blossom腕時計、俊才の永定の格の桜の盛んな置く米。

日本で、桜が盛んで置くのは国を挙げて尊びあがめる文化の盛大な事で、そのため桜の木下で花見をする宴会の“花が(hanami)に会う”の習わしを催しがありました。日本の伝統の文化と哲学の中で、あるいは粉あるいは、白いあっさりして上品な桜は大地前に春を象徴して、万物は積極的に楽観的な心理状態を蘇りますおよび。米はもし彩雲の光り輝く桜はまたたく間に過ぎ去って、そのひらひら飛び舞った花弁も人に生命の短くて貴重なのを悟らせます。

またたく間に花が咲いて、芳と華が永久不変だ

5番街Avenue ClassicシリーズCherry Blossom腕時計はきめ細かい芸術の触角と才気で、桜を再現してしなやかで美しくて盛んで、心や目を楽しませる柄物の絹織物の景を入れます。時計の文字盤はライトブルーの緑色の真珠の雌の貝で製造して、その天然の虹彩の光沢を敷いて、春日風向き次第で方々に漂ったのが現れて雲を流します。39粒の円形の明るい式のカットのダイヤモンドは29粒の円形の明るい式のカットとピンクの鋼玉は心をこめて時計の文字盤の上ででまいて、桜と花弁を象徴します:いくつか花はプラチナの材質の花の枝の上でひらりとほころびて、別のいくつかは風向き次第で入り乱れてい舞い落ちます。これらの宝石は心をこめて大きさのまちまちだが秩序があるサイズを切断するに、画面の深い感と賢い動感を創建し営んで、桜を置く美しい景色を入れるのがいつまでもしおれていなくさせます。